忍者ブログ

ペット海外医薬品の紹介

アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)(アトピー性皮膚炎)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)(アトピー性皮膚炎)

アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)100mg



CYCLOPHIL ME(シクロフィル)は、動物医薬品のアトピー性皮膚炎症状を緩和するノバルティス社「アトピカ(Atopica)」と同主成分となるシクロスポリン配合の免疫抑制剤です。人用医薬品「ネオーラル」のジェネリック製品でもあります。

シクロスポリンは、免疫を担当するリンパ球の働きを強力に抑制する作用があります。
アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。

CYCLOPHIL ME(シクロフィル)は、本来は人用医薬品ですが、動物医薬品として主に免疫抑制剤として使用される場合があります。使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。
シクロスポリン製剤のその他のジェネリック製品は、犬用ではアトペックス、人用ではネオメルク、マイラン、アマドラ、シクロスポリンカプセルなどがあります。

主成分となるシクロスポリンは、世界で初めて臨床応用された免疫抑制剤で、人のアトピー治療薬として1987年から使用されており、日本では犬用のアトピー薬として2006年から使用開始されました。

≪メーカーBiocon Biopharmaceuticals (バイオコン)について≫

シクロフィル(CyclophilMe)製造メーカーBiocon Biopharmaceuticals (バイオコン)はインド最大のバイオテクノロジー企業で、1978年創業。
インドで初めて微生物酵素(microbial enzymes)を欧米に輸出。また、インド初のISO9000取得企業でもある。

総売上額281億4千万ルピー(=約5.7億USドル、2010年度決算)。従業員数 5,500名。
Syngene International Limited、Clinigene International Limitedをはじめとする計7社を子会社に持つ。

がん治療や腎臓病、心臓病、糖尿病(主にインスリン)や免疫治療など、60種以上にわたる各種ブランド医薬品の生産をはじめ、医薬品原料、医薬品OEM生産(ファイザー社などと提携)や、ライセンシング業務、顧客調査および臨床研究など、そのフィールドは多岐に渡る。

シクロフィル(アトピカジェネリック)の使用方法
1日1回体重1kgに対してシクロスポリン5mgを基準量とし、下記の量を4週間連続経口投与する。
尚、食餌から2時間以上あけて空腹時に投与し、投与後2時間は餌を与えないこと。
投与開始し4週間以降に症状の改善が見られない場合には、症状に応じて投与間隔を隔日または週2回に減らすことが出来る。
ただし、投与期間は8週間を超えないこと。

 体重2kg以上3kg未満、10mgカプセルを1カプセル
 体重3kg以上4kg未満 10mgカプセルを2カプセル
 体重4kg以上8kg未満 25mgカプセルを1カプセル
 体重8kg以上15kg未満 50mgカプセルを1カプセル 
 体重15kg以上29kg未満 100mgカプセルを1カプセル
 体重29kg以上36kg未満 50mgカプセル及び100mgカプセルを各1カプセル
 体重36kg以上55kg未満 100mgカプセルを2カプセル

*本来は人用医薬品ですので、ペットへ使用の際は、必ず獣医師の指示により使用してください。
*弊社取り扱いの「CYCLOPHIL ME」は、25mg・50mg・100mgです。
 尚、25mg以下の使用量については、獣医師へご相談ください。


詳細は↓↓↓
>>>アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)100mg


アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg



詳細は↓↓↓
>>>アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg



アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)25mg



詳細は↓↓↓
>>>アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)25mg
PR

コメント

プロフィール

HN:
こうちゃん
性別:
非公開

P R