忍者ブログ

ペット海外医薬品の紹介

リクセン(Lixen)600mg(細菌性皮膚感染症)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リクセン(Lixen)600mg(細菌性皮膚感染症)

リクセン(Lixen)600mg



リクセン錠600mgは、セフェム系抗生物質のセファレキシンを有効成分とする薬です。

有効成分のセファレキシンは、犬のブドウ球菌による皮膚感染症(膿皮症)に対する代表的な抗生物質です。細菌性感染症を引き起こす病原性細菌の増殖を抑えることによって症状を改善する作用があるといわれています。
おもに細菌性皮膚感染症の治療に用いられます。


リレキシペット・パラタブル錠(ビルバック社)と同成分です。

細菌性感染症とは?
インフルエンザのようにウイルスが体内に入って体に異常が生じてしまう病気を「感染症」といいます。感染症の原因となるものには、ウイルスのほか、細菌やカビの仲間、微生物などがあり、何らかの原因によって動物の体表や体内で異常繁殖することで感染症になります。
特に皮膚は寄生虫の寄生や真菌(カビ)の増殖、シャンプーなどの刺激による損傷が起こりやすいため、損傷した部位から細菌が侵入することで感染症が発症しやすいといわれています。その代表的なものが膿皮症です。軽傷であれば発赤や丘疹、膿疱といった症状が認められる程度ですが、感染が深部にまでおよぶと腫れや痛み、発熱といった症状を引き起こすと言われています。

リクセンの使用方法
体重40kgのイヌ・ネコには1日2回、1回につき1錠を、体重20kgのイヌ・ネコには1日2回、1回につき1/2錠、または1日1回1錠を、体重10kgのイヌ・ネコには1日1回1/2錠を、下記にある期間に従って投与してください。

犬の表在性皮膚炎の治療には最低15日間
犬の深在性皮膚炎の治療には最低28日間
猫の皮膚および皮下組織の感染症(傷や膿瘍)の治療には5日間
尿路感染症の治療には14日間

詳細は↓↓↓
>>>リクセン(Lixen)600mg

PR

コメント

プロフィール

HN:
こうちゃん
性別:
非公開

P R