忍者ブログ
チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠



チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシンⅡの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠

チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠 (高血圧)



チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシンⅡの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

>>>チバセンジェネリック5mg (Lisonid5mg) 28錠

PR
アタカンド(Atacand)16mg



高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。
カンデサルタン(candesartan)の錠剤はアンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれる有効成分のカンデサルタンが含まれていて、この成分はアンジオテンシンIIと呼ばれる体内のホルモンの作用を阻害します。


アンジオテンシンIIは体内の特定の受容体に作用し、末梢血管を狭ばめ、アルドステロンと呼ばれる別のホルモンの産生。
アンジオテンシンIIを阻害することで体の血管が広がり、水分や塩分が調整され、血圧を下げる効果が期待され、また心臓病(心不全など)や腎臓病などにも有効であると考えられています。
副作用が少なく、長期服用に向いています。

アタカンド(Atacand)16mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。


詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)16mg

アタカンド(Atacand)8mg



アタカンド(Atacand)8mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。

詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)8mg

アタカンド(Atacand)4mg



アタカンド(Atacand)4mgの使用方法
法用量は症状により変わる場合があるので医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。
通常、成人は1日1回として2-8mgを経口服用してください。ただし最大服用量は12mgとします。


詳細は↓↓↓
>>>アタカンド(Atacand)4mg
 HOME 
忍者ブログ [PR]