忍者ブログ

ペット海外医薬品の紹介

アナフラニールジェネリック(Clofranil)は、うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症などの症状改善に使用される薬

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アナフラニールジェネリック(Clofranil)は、うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症などの症状改善に使用される薬

アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg



うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症、病的な怖がりなどの状態に、効果が期待できます。
内容成分である、クロミプラミン塩酸塩は、脳の機能を調節する物質(ノルアドレナリン、セロトニン)の働きを活発にし、意欲を高め、憂鬱な気分を改善するといわれています。
動物医薬品としては、イヌの分離不安症の治療薬として使用されます。
犬の分離不安とは?
飼い主が外出し、犬が一人ぼっちの状態になった時に、強い不安を感じてしまうこと
が原因といわれています。不安を感じている犬は、その不安から吠え続けたり、室内犬の場合は、
室内をめちゃくちゃに破壊したり、おねしょをしたりします。
また、下痢や嘔吐、食欲不振といった病気のような症状を示すケースもあるようです。
本来、犬は群れで生活をします。その故、孤独には弱く不安になりやすい傾向があるといえます。
飼い主さんが一緒にいる時にはこの分離不安の症状は起こらないといわれています。

>>>アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg

アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg



うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症、病的な怖がりなどの状態に、効果が期待できます。
内容成分である、クロミプラミン塩酸塩は、脳の機能を調節する物質(ノルアドレナリン、セロトニン)の働きを活発にし、意欲を高め、憂鬱な気分を改善するといわれています。


動物医薬品としては、イヌの分離不安症の治療薬として使用されます。

犬の分離不安とは?
飼い主が外出し、犬が一人ぼっちの状態になった時に、強い不安を感じてしまうこと
が原因といわれています。不安を感じている犬は、その不安から吠え続けたり、室内犬の場合は、
室内をめちゃくちゃに破壊したり、おねしょをしたりします。
また、下痢や嘔吐、食欲不振といった病気のような症状を示すケースもあるようです。

本来、犬は群れで生活をします。その故、孤独には弱く不安になりやすい傾向があるといえます。
飼い主さんが一緒にいる時にはこの分離不安の症状は起こらないといわれています。

アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mgの使用方法
*本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

*犬に対しての使用量としては、体重1ポンドにつき1~1.5mg(1kgにつき2~3mg)を1日2回使用します。


詳細は↓↓↓
>>>アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg

アナフラニールジェネリック(Clofranil)10mg



細は↓↓↓
>>>アナフラニールジェネリック(Clofranil)10mg
PR

コメント

プロフィール

HN:
こうちゃん
性別:
非公開

P R