忍者ブログ

ペット海外医薬品の紹介

チロキシン(製品名:チロノーム)(犬用甲状腺ホルモン)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

チロキシン(製品名:チロノーム)(犬用甲状腺ホルモン)

チロキシン(製品名:チロノーム)150mcg



チロノームは、甲状腺障害や手術で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
甲状腺ホルモンは、体内で細胞の新陳代謝の活発化、交感神経の刺激、成長や発達を促進する重要な働きをしています。
甲状腺機能低下症により、甲状腺ホルモンを十分に作れなくなり不足すると、全身の代謝が低下していきます。


その為、体全部の機能が低下し、さらに精神機能も悪化していきます。
このような状態になると、眠気や記憶障害、抑うつ、無気力などの症状が現れ、また皮膚の乾燥、脱毛、むくみ、便秘、体重増加、疲労感などの症状が現れることがあるようです。

チロノームを服用することで、体の機能に大切な甲状腺ホルモンを補い、成長・発達を促していきます。

【成分】
チロキシン(Thyroxine)) 150mg

チロキシン(製品名:チロノーム)150mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)150mcg


チロキシン(製品名:チロノーム)100mcg



【成分】
チロキシン(Thyroxine)  100mg

チロキシン(製品名:チロノーム)100mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)100mcg


チロキシン(製品名:チロノーム)50mcg



【成分】
チロキシン(Thyroxine) 50mg

チロキシン(製品名:チロノーム)50mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)50mcg
PR

コメント

プロフィール

HN:
こうちゃん
性別:
非公開

P R